レイキヒーリング

レイキヒーラーになるために必要な5つのステップ【ヒーラー歴10年の私が解説!】

レイキヒーラーになりたい!でも、具体的に何をすればいいかわからない・・・

 

あなたはきっと自分や自分以外の大切な人を癒したい!そう強く望んでいるのではないでしょうか?

 

あなたが、そっと手を当てるだけで、痛みや不調が軽くなり、元気になれる。

 

あなたの大切な人を元気にしてあげられるなんて、とてもすごいことですよね!

 

この記事では、レイキヒーラーになりたい方向けに、ヒーラー歴10年目の私が、レイキヒーラーになるために必要な5つのステップを紹介します。

 

また、レイキヒーラーとして、ヒーリング力を高めるために今すぐできる具体的な方法と、ヒーラーとして活動する場合にやってはいけない4つのこと、私の体験談について紹介します。

 

レイキヒーラーは、短期間で誰でもなることができます!

 

そして、誰でも使いこなすことができるようになります!

 

そのための情報を、徹底的に紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!

 

【超重要】レイキヒーラーになるために必要な5つのこと

レイキヒーラーになるためには、まず、レイキのエネルギーとつながる必要があります。

 

そのためには、『伝授(アチューメント)』を受ける必要があります。

 

伝授(アチューメント)を受けることで、レイキのエネルギーを活用し自分や他者を癒すことができるようになります。

 

一度、伝授(アチューメント)すると、レイキを生涯にわたって使うことができます。

 

また、ヒーリングの回数を重ねるごとに、レイキのエネルギーを強くしていくことができます。

 

レイキヒーラーになるには、伝授(アチューメント)を受けるのがおすすめです。

 

また、伝授(アチューメント)4つ+21日間の浄化期間に取り組むことでレイキヒーラーとしての能力が開花していきます。

 

サードディグリーまで学ぶと、よりレイキを使いこなせるようになっていきます。

 

伝授(アチューメント)の流れ

①ファーストディグリーを受講する

②セカンドディグリーを受講する

③サードディグリーを受講する

④ティーチャーズディグリーを受講する

21日間の自己浄化をする

 

それぞれの内容について順に説明していきます。

 

①ファーストディグリーを受講する

 

ファーストディグリーでは、主にレイキについての基礎知識・歴史をメインに学んでいきます。

 

レイキの回路を開くこと、自分・他者。物質などをヒーリングする方法、そのために必要なシンボルとマントラを受け取ります。

 

回路を開くことで、詰まりが取れ、レイキのエネルギーが流れやすくなります。

 

ファーストディグリーで学ぶこと

・レイキの回路を開く

・自分をヒーリングする

・他者をヒーリングする

・物質をヒーリングする

・基本のシンボル(パワーアップ)1

 

②セカンドディグリーを受講する

セカンドディグリーでは、レイキをより活用していくための効果的な方法と、そのために必要なシンボルとマントラを受け取ります。

 

セカンドでは、遠隔ヒーリングの方法を学ぶため、場所・距離・時間などの制限なくヒーリングすることができるようになります。

 

セカンドディグリーで学ぶこと

・感情や精神のヒーリング

・過去・未来のヒーリング

・遠隔ヒーリング

・第2のシンボル(ハーモニー)+マントラ

・第3のシンボル(遠隔ヒーリング)+マントラ

 

③サードディグリーを受講する

サードディグリーでは、精神的な向上や、自分が望む生き方を引き寄せることができる、『マスターシンボル』とマントラを受け取ります。

 

マスターシンボルは強力です。

 

マスターシンボルを受け取ることで、ヒーリング力の向上、物事の本質の理解が進む、直感力が向上するなどの良い影響があります。

 

サードディグリーまで受けると、レイキを使いこなすレベルになると言えるでしょう。

 

他者へレイキ伝授(アチューメント)をしたいなら、サードまで受ける必要があります。

 

サードディグリーで学ぶこと

・第4のシンボル(マスターシンボル)+マントラ

 

④ティーチャーズディグリーを受講する

ティーチャーズディグリーでは、他者へのレイキ伝授(アチューメント)の方法について学びます。

 

ティーチャーズディグリーで学ぶこと

・他者への伝授(アチューメント)の方法

・レイキティーチャーの心得

 

ティーチャーになると、ファーストからサードまで何度もアチューメントを教えます。

 

自身も何度もアチューメントを受けることになり、自身の浄化、エネルギーの強化が進むという良い影響があります。

 

21日間の自己浄化をする

ファースト~サードまでのアチューメント後には、21日間の自己浄化期間をすることが推奨されています。

 

自己浄化中は、自身にヒーリングをするため、自身の浄化とヒーリング力を高めます。

 

また、レイキのエネルギーを感じ取りやすくなったり、エネルギーを体に馴染ませることができます。

 

21日間の自己浄化は必須ではありません。

 

したくないなら、やらなくても構いません。

 

しなくてもレイキは使うことができるので、あくまで練習の期間、慣れるための期間だと捉えるようにしましょう。

 

レイキヒーラーには「レイキの回路を開くこと+自己浄化」が超重要!

レイキヒーラーになるには、レイキの回路を開くことと、自己浄化が超重要です。

 

レイキの回路は、誰でも持っています。

 

ですが、回路の中にはホコリやごみで詰まっている状態です。

 

レイキをもっと流すためには、回路の詰まりをとって、ジャー!っと流れる状態にしてあげないとうまく使えないわけです。

 

伝授(アチューメント)は、もともと備わっているのに使っていないものを活性化させるための方法なのです。

 

また、各ディグリーのレイキ伝授(アチューメント)の後、21日間の自己浄化期間が設けられています。

 

これは、必須ではありませんが超重要です。

 

21日間の間、自己ヒーリングで自分自身をヒーリングすることで、あなたの中のレイキの回路のパイプを太くし、流れがよくなっていきます。

 

そうすると、自分の中のエネルギーの詰まりが取れ、浄化が進みます。

 

自分に何度もヒーリングするので、ヒーリング力もアップします。

 

エネルギーに意識を向けるため、エネルギーとはどんなものか?自分はどのように感じるかなどの理解が進みます。

 

必ずしないといけないわけではありませんが、エネルギーがよくわからない・・・と感じるなら21日間の自己浄化期間は、しっかりと自己ヒーリングしていきましょう。

 

レイキヒーラーになる!おすすめの方法2

レイキヒーラーになるためのおすすめの方法は2つです。

①独学

②伝授(アチューメント)を受ける

 

費用がかかるもの、かからないもの両方あります。

 

それぞれの内容について説明していきます。

 

①独学

 

レイキは独学で学ぶこともできます。

 

独学がオススメな人の特徴

・生まれつき自然にエネルギーがわかる人

・何らかのエネルギーワークを習得している人

 

こんな方は、書籍などで方法を学び、実践を繰り返すことで、徐々にできるようになっていきます。

 

実際、レイキは誰でも自然にしているのです。

 

腹痛や頭痛の時、自然に手を当てることがありますよね?

 

手を当てると、痛みが落ち着く経験をしたことがみなさんあると思います。

 

それが、エネルギーです。

 

実際、レイキは『手当て』と呼ばれることもあり、レイキを流す時には手をかざします。

 

なので、エネルギーというものを感じ、理解できる人なら、アチューメントを受けずとも使いこなすことができるようになる可能性が高いです。

 

しかし、エネルギーを感じることができても、使いこなすことは簡単ではなく、効果的なやり方を習得するまでに、途方もなく時間がかかる場合があります。

 

独学は誰にでもできることではないということを知っておいてください。

 

②伝授(アチューメント)を受ける

伝授(アチューメント)は、レイキヒーラーに近づくための最も最短の方法です。

 

レイキは、定められたカリキュラムがあり、各ステップを終了し、自己浄化期間を終えると習得できるようにシステム化されています。

 

そのため、学びのために不要に時間をかける必要がありません。

 

レイキって何?エネルギーなんてわからない!という方でもOK!

 

まずは、レイキヒーリングとはどのようなものなのかを知るところから初めてみてください。

 

メールで無料相談できるので、レイキヒーラーになりたいならぜひお問い合わせください

 

\レイキヒーラーになりたいなら/

無料メール相談に申し込む

24時間いつでも問い合わせ可能

 

レイキヒーラーになるには「伝授(アチューメント)」が近道!

レイキヒーラーになるには、伝授(アチューメント)を受けるのが最も近道です。

 

私たちの身の回りにはエネルギーがたくさんあります。

 

太陽光・火・水、ガソリンや灯油、電気などはエネルギーとしてわかりやすいのではないでしょうか?

 

レイキエネルギーは目に見えないエネルギーです。

 

使うためにはエネルギーの感じ方、効果的に使う方法などを学ぶ必要があります。

 

方法を学んでおくと、「これでいいのかな?」「できているかな?」と不安に思うことも少なくなります。

 

また、わからないことを、先生にその都度聞くこともできます。

 

受講後のフォローのために、受講生同士のグループや、再受講制度などを設けている場合もあります。

 

そのような手厚いアフターフォローが欲しい場合、伝授(アチューメント)がオススメです。

 

レイキヒーラーになる!伝授(アチューメント)を受ける4つのメリット

レイキ伝授(アチューメント)は、全くレイキのことがわからない、エネルギーがわからない方でも誰でもレイキを扱うことができるようになる方法です。

 

では実際に伝授(アチューメント)を受けるとどのようなメリットがあるでしょうか?

 

ここでは、レイキ伝授(アチューメント)を受ける3つのメリットについてお伝えします。

 

①ヒーリングができる

レイキを学ぶ方の多くが、ヒーリングができるようになりたい!と考えているのではないでしょうか?

 

伝授(アチューメント)を受けると、誰でもヒーラーになれます。

 

自分や他者、動物や物に直接ヒーリングすることができるようになります。

 

遠くにいる人にもヒーリングができるようになります。

 

コールインと言って時間を指定してヒーリングすることもできるので、時間や場所の影響を受けずに自由にヒーラーとして活動することができます。

 

このように様々なヒーリングの技法を学び、できるようになります。

 

②直感力の向上

レイキを使うことで直感力が向上します。

 

レイキを使うことで、自身のエネルギーがクリアになります。

 

エネルギーを扱うことで感覚が磨かれ、自身の選択に自信が持てるようになります。

 

短時間で判断し、決断できるようになり、また、その選択に間違いが少なく、後悔しない選択ができるようになります。

 

直感力が向上すると、他人の意見などに左右されない自分を育てることができます。

 

③望む自分になれる

レイキを使っていくと、自分の心が満たされて、安定し、なりたい望み通りの自分になっていきます。

 

心が安定する過程で、自尊心が回復していくのがわかるでしょう。

 

また、願いが叶いやすくなる、いわゆる「引き寄せ」が頻繁に起こるようになります。

 

自分が望むことが次々と叶うようになるので、人生そのものがうまくいくようになっていきます。

 

レイキは、人生を創造するために強力に働いてくれるでしょう。

 

レイキヒーラーになるにはアチューメント後の練習が必須!

レイキの伝授(アチューメント)を受けた後、誰でもすぐレイキでヒーリングすることができます。

 

伝授(アチューメント)後は、まだエネルギーを多く流すことができません。

 

繰り返し、レイキヒーリングをすることで、レイキのパイプは太くなります。

 

伝授(アチューメント)を受けた後、練習を繰り返すことで、たくさんのエネルギーを流すことができるようになり、その結果、優れたレイキヒーラーへとなることができるのです。

 

【体験談】レイキヒーラーを私が目指した理由は?

私がレイキヒーラーを目指したのは、産後にお世話になったアーユルヴェーダの先生がレイキヒーラーだったためです。

 

その先生のトリートメントを受けると、とてもリラックスでき、産後に何度も手術した私の体をケアすることができました。

 

その頃、たくさんの人に会う機会がとても多く、疲れが取れず、先生にお願いしてレイキヒーリングを受けるととてもスッキリして、また忙しく動き回れるほど元気を取り戻せました。

 

そんな経験を2度、3度と繰り返すうちに「私もレイキヒーラーになりたい!」と思うようになりました。

 

レイキヒーラーになったことで、自己ヒーリングができるようになり、腹痛や頭痛、倦怠感を感じたときレイキはてきめんに効きました。

 

また、徐々に引き寄せが起こるようになりました。

 

電車の席にいつでも座れるようになったり、食べたいものが届いたり、もらったり、ネットを通じて欲しい情報がやってくるということも珍しくありませんでした。

 

引き寄せは今も続いていて、今では「願えば叶うはホント!」と心から信じています。

 

これは私だけに起こるわけではなくて、誰にでも起こることです。

 

レイキは開運のためのツールでもあるんですよ!

 

これは私の経験ですが、個人によって色々なことが起こるのがアチューメントの面白さ!

 

ぜひ一度体験してみてくださいね!

\レイキヒーラーになりたいなら/

無料メール相談に申し込む

24時間いつでも問い合わせ可能

 

レイキヒーラーにおすすめ!ヒーリング力を高める4つの習慣

 

レイキヒーラーになったら、たくさんの人を治したい!癒したい!そう誰もが願っているはずです。

 

レイキを何度も使うことで、ヒーリング力はアップします。

 

ですが、もっとあなた自身を整えると、もっとレイキはパワーアップすることができます。

 

ここでは、ヒーリング力を高めるために、今すぐできる4つのことを紹介します。

 

ヒーリング力を高める4つの習慣

①瞑想

②睡眠

③オーガニックな食生活

④自然と触れ合う

 

順に説明していきます

 

瞑想

瞑想は、心を静めることで自己の内なるエネルギーにアクセスするための手段です。

 

レイキヒーラーは、瞑想を通じて自身のエネルギーを整えることができます。

 

レイキは特に何もしなくてもあなたが手をかざしただけで流れます。

 

瞑想で雑念をクリアにした状態がレイキヒーリングを行うために最も適した状態です。

 

瞑想することで、あなたのエネルギーのパイプの流れの詰まりを無くしたり、少なくする事ができます。

 

あなた自身がクリアであればあるほど、ヒーリング力は強くなっていくでしょう。

 

そのために瞑想はとても役立つ方法です。

 

睡眠

睡眠はヒーラーにとって大切な癒しと学びの時間です。

 

スピリチュアル的に、人は眠っている時、無意識状態になり、魂の源へと帰っていきます。

 

魂の源では、魂についている傷を癒したり、魂の向上のために必要な学びをしているのです。

 

また、眠る直前と起きる直前は、意識が働きにくい状態です。

 

この状態で考えたり思ったりしたことは潜在意識に入りやすく、叶いやすいです。

 

また、眠っている間に、脳や臓器も休息し、回復するために体が機能します。

 

心・体・魂が睡眠をとることで整えられるので、ヒーリング力も高まります。

 

このように、睡眠はヒーラーとして活動するために大切な土台なのでしっかりととるようにしましょう。

 

オーガニックな食生活

レイキヒーラーは、食事にも気を使うほうがいいでしょう。

 

海外のヒーラーはヴィーガンも多いようです。

 

ですが、食事は、あまり厳しくする必要はありません

 

私は、野菜や果物はできるだけ有機栽培のもの、または無農薬・減農薬のものを選ぶようにしています。

 

まごわやさしいにはこだわっていますが、全て食べない時もあるし、肉も食べるし、甘いものも食べます。

 

大切なのは、あなたの体に必要なものを適度にバランスよく食べることです。

 

食事は体を作るためのものです。

 

体が整うと、心も自然に整うようになっていきます。

 

自然と触れ合う

自然と触れ合うことは、ヒーリング力を高めるために最も優れた方法です。

 

自然は浄化スポットです。

 

日頃、私たちは様々なエネルギーに触れています。

 

そのため、よくないエネルギーとつながっていたり、自身のエネルギー自体が弱くなっています。

 

自然の中で過ごすだけで、浄化され、心身が整います。

 

また、自然は様々な強いエネルギーに満ちているので、いるだけでエネルギーをチャージすることができます。

 

自然と触れ合う効果

・ストレス軽減

・エネルギーの回復

・スッキリする

・自律神経の回復

・免疫力UP

 

このように、様々な心身に良い効果があるため、レイキヒーラーは自分の心身を整えるために自然と触れ合うことが大切です。

 

山や海が近くにない・すぐ行けない場合もあると思います。

 

そんな時は、植物を育てる、花を飾る、犬や猫などペットと触れ合うのがおすすめです。

 

植物や動物も自然の一部です。

 

彼らはとてもエネルギーに溢れているので、意識して接することでヒーリング力を高めることができます。

 

レイキヒーラーがしてはいけない4つのこと

レイキでできることはたくさんありますが、してはいけないこともあります。

 

自分がパイプになってエネルギーを流していくのは、簡単ですが奥が深く、正解がありません。

 

また、慣れないうちはしてはいけないことを無意識にしてしまっている場合があります。

 

そうすると、エネルギーをうまく使えない、使うと疲れる、変なエネルギーと繋がるといったヒーリングとは程遠い状態に陥ります。

 

そうならないために、してはいけないことを知っておく事が必要です。

レイキヒーラーがしてはいけない4つのこと

①エゴを使う

②依存させる

③不健康な生活

④自分が特別だと思い込む

 

順に説明していきます。

 

①エゴを使う

エゴを使うことは、最もレイキヒーラーが避けなくてはいけないことです。

 

他人を癒してあげたい!

 

家族や友人を助けたいという気持ちでレイキヒーラーを目指す方は少なくありません。

 

しかし、癒してあげたい気持ちが強すぎて、無意識に「エゴ」が出てきてしまう、ヒーリングをすると体調不良になってしまう。

 

このような体験をしたことのあるヒーラーは多いです。

 

特に「自分が癒したい!」という気持ちが強い場合によくみられる現象です。

 

エゴを使うと、相手にあなた自身のエネルギーが流れてしまうため、癒しが起こらないばかりか、あなた自身も消耗します。

 

そのようなことを避けるために、レイキを使う場合、何も考えずリラックスして行うと良いでしょう。

 

②依存させる

依存させることは、レイキヒーラーのしてはいけないことです。

 

レイキは、痛みや体の不調によく効くので、慢性症状のある人が治療目的で通ってくる事がよくあります。

 

しかし、レイキのみに頼ってしまい、本来の治療やするべき生活改善が疎かになってしまう事があります。

 

レイキは、あくまで代替療法であるということを意識し、依存させないというスタンスで望むといいでしょう。

 

③不健康な生活

ヒーラー自身が不健康な生活では、ヒーリングの技術も説得力に欠けてきます。

 

どんな仕事もですが、心身が健やかでないと、仕事をすることも、長く続けていくこともできませんよね?

 

ヒーラーは、誰かを癒す仕事です。

 

自身の生活を見直し、健康状態を保つこと、心と体を整えることは、あなたにとっても大切なことです。

 

あなたが心身ともに健康で幸せでいること、そのことがあなたの元を訪れる人の安心につながり、長くヒーラーとして活動するためにも欠かせないことでもあります。

 

④自分が特別だと思い込む

ヒーリングができるようになると、自分は特別、優れていると思うようになる事があります。

 

このような意識はエゴが働いている状態です。

 

そのため、ヒーリング力もなかなか向上しません。

 

優れたヒーラーになりたいと考えた場合デメリットにしかなりません。

 

ヒーリングは、アチューメントを受ければ、誰にでもできることです。

 

ヒーリングは、あくまで相手の自然治癒力を高める方法のひとつでしかないということを心に留めておくと良いでしょう。

 

<まとめ>レイキヒーラーはまず自分を浄化し整えることから始めていこう!

この記事では、レイキヒーラーになるために必要な伝授(アチューメント)の各レベルについて、ヒーリング力を高める習慣や、してはいけないことなどをお伝えしました。

 

この記事を読むことで、レイキヒーラーになる具体的な方法についてイメージが持てたのではないでしょうか?

 

レイキヒーラーは誰でもなる事ができます。

 

また、安心・安全で体への負担も少ない優れた方法です。

 

あなたの大切な人を、癒してあげたい、自分自身を癒したい、その気持ちがあれば必ず良いヒーラーになる事ができます。

 

まずは、無料メール相談からお気軽にお問い合わせください。

 

\レイキヒーラーになりたいなら/

無料メール相談に申し込む

24時間いつでも問い合わせ可能

-レイキヒーリング